パワポの提案書は必要ですか?

提案書がなくても、言葉だけで十分に価値を理解してもらって発注してもらうことができれば、それに越したことはありませんが、言葉だけだと中々伝わりにくいところもあります。ですから、自分達が伝えたいことを的確に伝えるために紙に落とすことが大切です。言葉だけだと、自分と話している人には直接伝えられるが、その裏側にいる複数の先方のお客様に等しく理解してもらうことは不十分です。書面にして変わらないしっかりとした価値の伝え方のために、提案書が必要となります。


先ず、悩みや理想、世の中の傾向といった要素について、パワーポイントで図解を用いて示すということは、非常に効果的な書き方です。後の細かい説明が非常に分かりやすくなるからです。更に、図解に具体的な言葉を付加えて仕上げていきます。そして、トーンの効果を活かした配色して見やすくします。また、様々な図解パターンを応用していくことも重要です。また、矢印を付け加えることで、関係性を分かりやすくして、図解としての完成度を高めることもできます。


提案書の骨子は、3つくらいにまとめて、大きなコンセプトを伝えることが重要です。提案書は、先に金額を知られてしまうと、金額以外のところをしっかり伝えることが難しくなるため、価値を十分に伝えた段階で金額を出した方が有効となります。

パワポで提案書をつくるべきか迷った時には

私は企画書作成が苦手です。

パワポの使い方もいまいちわからずに、上司に教えてもらっていましたが、あまりにも使い方がわからないため、提案書は紙に手書きで、画像も、紙に印刷して、全員に配るほうが早い人も多いと思います。なんでもかんでもパワーポイントでつくるのではなく、必要がある際に使えばよいと私は考えているのですが、使用するのが当たり前となっているのがツライところです。

パワーポイントを利用すると、聞き手が画面ばかりに注目してしまう傾向が強いと思いますし、自分の話しをしっかりときいてもらうためには、必要ない場合も多いと思います。パワーポイントは、画像などを、拡大や、縮小するために使う際には便利だと思いますので、老眼鏡が必要な方が多い場合には、役に立たと思います。

また、パワーポイントは、紙に印刷しなくてもいいということは、資源の節約にもつながります。また、インク費用もかからなくて済みます。私は大人数でのプレゼンの際にはパワーポイントを利用して、少人数ではできるだけ紙を使用することにしています。パワーポイントという便利なものも、使用法や状況次第で、デメリットが大きくなることもあります。まずは、目的をしっかりと見極めてから使用すべきものであると感じています。 

プレゼンでのパワーポイントの使用での苦労経験

会社員とな社会人生活をするにあたり、会社・仕事場ではプレゼンテーション略してプレゼンっというものをしなくてはいけないケースが多々ありますが、そのプレゼンが苦手な人もおそらくかなり多いのではないでしょうか?”私もとても苦手だったために、パワーポイントを使ってのプレゼンにはすごく苦労した経験しかありません。大学のゼミなどでもプレゼンをしなくてはいけないこともありましたが、そのときもパワーポイントでうまく説明することができなかったので、私はかなりの苦手意識がありますね。


パワーポイントってスライド形式でいかに写真・画像を使い、たくさんの人に自分自身をアピールできるかでもありますが、説明も下手でパワーポイントを使用しながらしゃべるのがとにかく難しかった印象ばかりです。これから新入社員の人も会社でプレゼンをしなければならないこともあるでしょうが、こればかりは練習しかありません。


“しっかりと自分を売り込むためには、優秀なプレゼンができるように、日頃からパワーポイントの操作と人前での発言・スピーチをうまくできる練習をしておくのがベストです。私はそれを怠ってしまったために、説明がしっかりとできず、あやふやなまま終わってしまったことが多かったですね。なので、そうならないように、今ではネットでいろんな人の体験談を読むこともできるので、それらをうまく参考にしながら練習を行うのが一番ではないでしょうか。

提案書はパワーポイントを使ってより分かりやすくする

パワーポイントできれいな提案書を作るには

提案書がなくても、言葉だけで十分に価値を理解してもらって発注してもらうことができれば、それに越したことはありませんが、言葉だけだと中々伝わりにくいところもあります。ですから、自分達が伝えたいことを的確に伝えるために紙に落とすことが大切です。言葉だけだと、自分と話している人には直接伝えられるが、その裏側にいる複数の先方のお客様に等しく理解してもらうことは不十分です。書面にして変わらないしっかりとした価値の伝え方のために、提案書が必要となります。

先ず、悩みや理想、世の中の傾向といった要素について、パワーポイントで図解を用いて示すということは、非常に効果的な書き方です。後の細かい説明が非常に分かりやすくなるからです。更に、図解に具体的な言葉を付加えて仕上げていきます。そして、トーンの効果を活かした配色して見やすくします。また、様々な図解パターンを応用していくことも重要です。また、矢印を付け加えることで、関係性を分かりやすくして、図解としての完成度を高めることもできます。

提案書の骨子は、3つくらいにまとめて、大きなコンセプトを伝えることが重要です。提案書は、先に金額を知られてしまうと、金額以外のところをしっかり伝えることが難しくなるため、価値を十分に伝えた段階で金額を出した方が有効となります。

提案書の作成には、こちらのサイトに紹介されている本が参考になります。

企画書はパワポでどう表現するかよりも、論理的にわかりやすく伝えることが大事

企画書作成でお悩みの方必見サイト

私は企画書作成が得意です。というのも、約20年に渡り企画業務を行なってきたからです。新卒で地元の広告代理店に入社し、毎月のように企画書作成に追われていました。また、現在の会社でも、自社広告制作や販売戦略の立案業務を主としているため、パワポで企画書を作り、社長をはじめ役員の方々にプレゼンテーションを行なうのが日常茶飯事だからです。


これまで広告代理店時代に、広告予算が数億円つくような企画コンペにも通ったことがあるのですが、ポイントはパワポでどう表現するかではなく、何をどのようにしたいのかを論理的に伝えることだと思います。


感覚的なアウトプットは企画書が通ってからの段階であり、まずはわかりやすく相手に伝えることが基本中の基本です。
最初に企画目的があり、仮説のもと市場調査や分析を行ないます。そして、その分析結果をもとに企画方針や狙い、コンセプトを考え、具体的に誰に向けて企画を実施していくかといったターゲットを考えていきます。


ここまで来て、ようやくアイデアを出します。アイデア中心の企画書を作成する方もいますが、やはり何のためにといった目的が共有されなければ、後々企画もブレてしまうので、やはり企画書作成には筋道が大事と言えます。

伝わる企画書、提案書の作成が苦手な方はこちらのサイトも参考になります。

必ず使いこなせる!パワーポイントを活用して企画書を作成するコツ

パワーポイントを使いこなして企画書を作ろう

パワーポイントはプレゼンの基本構成から表・グラフを取り入れたレイアウトの完成までこなせる優れたソフトですが、初めての場合まずどこから手をつけたら良いか戸惑う事が多いはずです。


しかしあれこれ迷って時間をロスするのでは意味がありません。最初はテンプレートを使って「考えるより真似る」ことから入るほうが遥かにスムーズです。
パワボの使い方は、検索すると様々な企業から紹介されています。何となくで構わないのでイメージに近い物を手本にしましょう。

パワーポイントを使いこなせない方に良くあるのは「考えを整理しないまま盛り込もうとしている」パターンです。
文字やグラフのデザインや配置=レイアウトをいくら工夫しても、何を伝えたいのかがハッキリしないプレゼンになってしまっては効果がありません。

慣れないうちは、現況説明や問題点、予算についてなど企画書の段階を確実にまとめてから、パワーポイントを使うのが私のオススメです。ノート等を使って導入→説明→問題提起・結論までの流れを決めておきましょう。
これに沿ってパワーポイントでまとめれば、内容がおかしくなる事はないと思います。それからメインのレイアウトを決め、補足的な情報をサブとして配置していく事がコツです。
“はじめから全部使いこなそうとせず、企画書をシンプルにまとめる事が先決です。

なかなか自分でうまく企画書を作れない方は、代行業者を使う手もあります。

プレゼンで重視したいパワポのテクニックについて

powerpointでプレゼンのスキルを上げましょう。

ビジネスマンであれば、職種に関係なく、プレゼン能力そしてその資料作成能力は重要なファクターです。そしてその資料作成はパワポで行うものです。
しかし、このパワポを使うにあたってデザインセンスがあったり色彩センスがあったりしたほうがベターですが問題はその資料がしっかりポイントがとらえられているかです。

最悪、このセンスについてはテンプレートや過去のきれいな事例をまねておけばいいのですから。


では、肝心のそのパワポの内容についてです。
正直、わたしもデザインセンスや色彩センスが全くありません。といいながらも企画という職種上、とにかくプレゼンの機会が多くなっています。
大事にしているのはストーリーです。表紙、資料作成にあたっての背景、結論、予備情報、具体テータ、最後にもう一度結論というパターンをわたしはとるようにしています。また、この結論が会議出席者への願い事項に代わることもあります。とにかくこうしたストーリーを誰もがわかるように資料作成前にまずは組み立てることにしています。
プレゼン資料がいかにストーリーがあるか。これさえOKであれば、多少プレゼンの能力がなくとも補うことが可能です。逆にいかに人前で話すことがうまくとも資料にストーリーがなければ元も子もありません。

極点に言えば、いかにデザインセンスがあったり、センスがよくても「ストーリー」「論点」がしっかりしていなければ、プレゼンとしては意味をなさないわけです。

プレゼンのセンスに自信がない方はこういうサイトも参考になります。